HOMEIPAについて新着情報プレス発表 平成22年度春期情報処理技術者試験(応用情報技術者試験及び高度試験)の合格発表について

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 平成22年度春期情報処理技術者試験(応用情報技術者試験及び高度試験)の合格発表について

2010年6月25日
独立行政法人 情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:西垣 浩司)情報処理技術者試験センターは、平成22年度春期情報処理技術者試験(経済産業省所管、2010年4月18日(日)実施)のうち、応用情報技術者試験及び高度試験の合格者を発表しました。

今回の試験の応募者数、受験者数、合格者数は以下のとおりです。

1. 概要

平成22年度春期試験結果

2. 試験結果について

 今回実施した試験区分のうち、応用情報技術者試験※1では、最年少合格者が13歳(新潟県在住)、最年長合格者が67歳(神奈川県在住)となっており、これまでの最年少年齢(14歳)及び最年長年齢(66歳)を更新しました。(平成13年度から平成20年度まで実施されていた旧試験区分のソフトウェア開発技術者試験も含みます。)
また、高度試験のプロジェクトマネージャ試験、エンベデッドシステムスペシャリスト試験、システム監査技術者試験では過去最高の合格率となりました(これまでの最高合格率:プロジェクトマネージャ試験 12.7%、エンベデッドシステムスペシャリスト試験 16.9%、システム監査技術者試験 13.9%)。


 応募者・受験者・合格者の推移等、統計に関する詳しい情報は、次のURLをご覧ください。
http://www.jitec.ipa.go.jp/1_07toukei/_index_toukei.html



※1応用情報技術者試験は高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能を持ち、高度IT人材としての方向性を確立した方々を対象とした試験です。高度IT人材について、人材像とその保有すべき能力や果たすべき役割(貢献)の観点から整理した共通の人材育成・評価のための枠組み「共通キャリア・スキルフレームワーク」におけるレベル3(応用的知識・スキルを有し、要求された作業についてすべて独力で遂行できる)に該当します。なお、今回の応用情報技術者試験の合格者平均年齢は28.6 歳でした。


本件に関するお問い合わせ先

IPA IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター 企画グループ 梶

Tel: 03-5978-7600 Fax: 03-5978-7610

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ 横山/大海

Tel: 03-5978-7503 Fax:03-5978-7510 E-mail: