HOMEIPAについて新着情報プレス発表 「セキュリティ&プログラミングキャンプ2010」参加者募集を開始

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 「セキュリティ&プログラミングキャンプ2010」参加者募集を開始

2010年6月18日
独立行政法人 情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:西垣 浩司)は、「セキュリティ&プログラミングキャンプ2010」の参加者募集を2010年6月18日(金)からIPAのWebサイトで開始しました。
URL:http://www.ipa.go.jp/jinzai/renkei/spcamp2010/index.html
 本年のキャンプではセキュリティコースを分割し、3つの組(ソフトウェアセキュリティ組、Webセキュリティ組、ネットワークセキュリティ組)を新たに設置しました。

 セキュリティ&プログラミングキャンプは2004年にセキュリティキャンプとしてスタートし、今年で7回目を数えます。同キャンプは情報セキュリティやプログラミングに関する高度な知識および技術を習得する機会を通じて、次世代を担う優れた若年層が、技術のみならずモラル、セキュリティ意識、自立的な学習意識、職業意識などを身に付け、向上させることを目的に実施しています。
 またキャンプでは、毎回ニーズの把握やカリキュラムの見直しを行ってきましたが、今回より新たにセキュリティコースを分割し、以下の3つの組を新設しました。

1) ソフトウェアセキュリティ組
ソフトウェアに含まれる脆弱性を通して、ソフトウェア全般のセキュリティについて学習します。また、脆弱性を悪用した攻撃の原理、および防御・解析手法について学び、自らそれらの脆弱性を認識・発見できるようになることを目指します。
   
2) Webセキュリティ組
Webアプリケーションのセキュリティについて、脆弱性の実例を元に、脆弱性を実際に調査、解析するとともに、発見した脆弱性の適切な取り扱い方法を学びます。加えて、脆弱性を自ら発見できるレベルに到達することを目指します。
   
3) ネットワークセキュリティ組
現在のコンピュータネットワークにおけるセキュリティや弱点などについて学びます。ネットワーク攻撃のメカニズムを理解し、実際のネットワークにおける攻撃の検知や、適切な防御策を講じられるレベルを目指します。

■セキュリティ&プログラミングキャンプ2010 開催概要

募集期間: 2010年6月18日(金)~2010年7月5日(月)17:00まで
(メール、FAXについても同日同時刻までに到着したものを有効とします)
参加資格: 日本国内に居住する、22歳以下の学生・生徒(2011年3月31日時点の年齢)
募集人数: 60名程度(セキュリティコースとプログラミングコースの合計)
参加費用: 無料(自宅と会場間の交通費、宿泊費、食事代、講義代、テキスト代、機器使用料を含む)
主催: 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
開催期間: 2010年8月12日(木)~16日(月) 4泊5日
開催場所: 未定(首都圏での開催を予定)
詳細: 右記URLをご参照下さい。
http://www.ipa.go.jp/jinzai/renkei/spcamp2010/index.html

本件に関するお問い合わせ先

IPA IT人材育成本部 産学連携推進センター 企画グループ 小沢/尾崎/萩原

Tel: 03-5978-7536 Fax: 03-5978-7516  E-mail: メール

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部広報グループ 横山/白石

Tel: 03-5978-7503  Fax: 03-5978-7510  E-mail: メール