HOMEIPAについて新着情報プレス発表 IPAフォント新シリーズの公開

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 IPAフォント新シリーズの公開

2010年2月26日

独立行政法人 情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:西垣 浩司)は、2010年2月26日、「IPAフォント(アイピーエー フォント)」の新シリーズ、「IPAexフォント(アイピーエーイーエックス フォント)」を公開しました。
 あわせて、従来の「IPAフォント」シリーズについても、利用者の意見を反映したバージョンアップ版を公開しました。

 IPAフォントは、誰でも無償で利用できる、高品位を目指した日本語フォントです。基本ソフトウェアなど、プラットフォームの種類を問わず、多様な情報機器で共通に利用することができ、どの環境の下でも同じ形状の高品質な文字の表示・印刷を可能にします。2007年10月の一般公開以来、10を超えるLinuxディストリビューションや各種アプリケーションへの採用も進み、日本語文書をやりとりする際の高い互換性を実現する基盤として活用されつつあります。
 従来のIPAフォントでは、文字送りについて、「固定幅」のものと「プロポーショナル(変動幅)」のものとを別のフォントとして分離していましたが、日本語文書作成者の利便性向上のため、これらを一つに統合したIPAフォントの新シリーズ「IPAexフォント(Ver.001.01)」を公開しました。
 あわせて、従来の「IPAフォント」シリーズについても、利用者の意見を反映したバージョンアップ版として「IPAフォント(Ver.003.02)」を公開しました。


1.新シリーズ「IPAexフォント(IPAex明朝、IPAexゴシック)」について
 日本語文書の印刷においては、和文文字(仮名、漢字等)は固定長で、欧文文字は文字幅に合せた幅(プロポーショナル(変動幅))で、文字を配置することが一般的な慣例となっています。
 従来の「IPAフォント」は、過去のシステムとの互換性の観点から、固定幅と変動幅のフォントを完全に分離し、欧文文字、和文文字ともに固定幅の「IPA明朝」、「IPAゴシック」と、欧文文字、和文文字ともに変動幅の「IPA P明朝」、「IPA Pゴシック」の4種類のフォントを提供していました。
 その結果、上記のような一般的な日本語の慣例に従った文書を作成する場合、例えば欧文文字の部分には「IPA P明朝」を用い、和文文字の部分には「IPA明朝」を用いる、といった使い分けを、一つの文書の中で行う必要がありました。
 今回提供を開始したIPA exフォントは、固定幅と変動幅を一つのフォントに統合することで、日本語文書作成時における、前述のようなわずらわしさの解消をねらったものです。
 詳細はプレスリリース【参考資料1】をご覧ください。

2.IPAフォント(IPA明朝、IPA P明朝、IPAゴシック、IPA Pゴシック)のバージョンアップ
 IPA exフォントの公開に併せ、従来型のフォントである「IPAフォント」シリーズの修正版として IPAフォント(Ver.003.02)を公開しました。
 Ver.003.02では、旧版の利用者からの指摘があった不具合の修正をするとともに、欧文と数字の判別が容易となるように、文字のデザインなどを修正しました。
 詳細はプレスリリース【参考資料2】をご覧ください。

■IPAexフォント、 IPAフォントのダウンロード方法
IPAexフォント(Ver.001.01)および IPAフォント(Ver.003.02)は、OSS iPedia 1からダウンロードできます。
URL:http://ossipedia.ipa.go.jp/ipafont/

なお、「IPAexフォント」及び「IPAフォント」を利用するには、オープンソースライセンス “IPAフォントライセンス v1.0” 2の承諾が必要です。同ライセンスを継承することを条件に、フォントファイルを複製、再配布、改変することが可能です。

 プレスリリースの全文は以下のPDFをご覧ください。
 プレスリリース全文(557KB)プレスリリース(PDFファイル)

IPA フォントは、IPA の登録商標です。Linux は、Linus Torvalds 氏の米国およびその他の国における商標です。Microsoft、Windows、OpenType は米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。Apple、Mac OS X、TrueType は米国およびその他の国におけるApple Inc.の商標または登録商標です。Adobe およびPostScriptはAdobe Systems Incorporated の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。OpenSource は米国およびその他の国におけるOSI(Open Source Initiative)の登録商標です。その他記載されている会社名・製品名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。


1

OSS iPedia(オーエスエスアイペディア): IPA オープンソフトウェア・センターが構築・運営するオープンソース情報データベースです。( http://ossipedia.ipa.go.jp/ )

2

IPA フォントライセンス v1.0: IPAフォントライセンス v1.0は、フォントファイルについて、複製、改変を許諾するライセンスで、OSI(Open Source Initiative)(http://www.opensource.org/)から、同団体の定める、「オープンソース・ソフトウェアの定義」、Open Source Definition (OSD:http://opensource.org/docs/osd)に合致するライセンスであるとして認定された、オープンソースライセンスです。 (http://www.ipa.go.jp/about/press/20090420.html)

本件に関するお問い合わせ先:

IPA オープンソフトウェア・センター 寳来

Tel:03-5978-7507 Fax:03-5978-7517  E-mail:電話番号:03-5978-7507までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先:

IPA 戦略企画部広報グループ 横山/大海

Tel: 03-5978-7503 Fax:03-5978-7510 E-mail:電話番号:03-5978-7501までお問い合わせください。