HOMEIPAについて新着情報過去年度の記事2008年度プレス発表 「共通キャリア・スキルフレームワーク 第一版」の公開について

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 「共通キャリア・スキルフレームワーク 第一版」の公開について

2008年10月21日
独立行政法人情報処理推進機構

 経済産業省と独立行政法人情報処理推進機構(略称:IPA、理事長:西垣 浩司)では、2007年7月20日にとりまとめられた産業構造審議会情報経済分科会情報サービス・ソフトウェア小委員会人材育成ワーキンググループの報告書「高度IT人材の育成をめざして」の中で示された「共通キャリア・スキルフレームワーク」を具体化した、「共通キャリア・スキルフレームワーク(案)」を2008年6月に発表しました。その後パブリックコメントを募集し、その意見を反映した「共通キャリア・スキルフレームワーク 第一版」を、本日公開しました。

1.背景

 あらゆる経済活動へのITの浸透、産業全般のグローバル大競争の激化等の中で、わが国が国際競争力を維持強化していくためには、今後10年先を見据えたIT人材育成戦略を構築することが急務になっています。そのためには、今後、わが国が目指すべき高度IT人材像に即したキャリアと求められるスキルを示した「共通キャリア・スキルフレームワーク」を構築する必要があることが人材育成ワーキンググループ報告書の中で提言されました。

2.「共通キャリア・スキルフレームワーク第一版」の目的

 当文書は、同報告書で提言された「共通キャリア・スキルフレームワーク」を具体的に整理したものです。ITスキル標準(ITSS)、組込みスキル標準(ETSS)、情報システムユーザースキル標準(UISS)の各スキル標準の参照モデルとして位置付けるとともに、情報処理技術者試験との対応関係を明確にしました。従って、「共通キャリア・スキルフレームワーク 第一版」は、今後必要とされる高度IT人材の人材像とその保有すべき能力や果たすべき役割(貢献)の観点から整理した、共通の育成・評価のための枠組となっています。
 これにより異なる業務領域や職種へ移っても、元の職種でのレベルと新たな職種でのレベルの相違や、求められるスキル・知識の相違などの理解が可能になります。

3.「共通キャリア・スキルフレームワーク第一版」の概要

1)人材類型と人材像

 高度IT人材の10年先を見据え、3つの人材類型と、さらに6つに分類した人材像を定義しました。

人材類型
人材像
基本戦略系人材 ストラテジスト
ソリューション系人材 システムアーキテクト
プロジェクトマネージャ
テクニカルスペシャリスト
サービスマネージャ
クリエーション系人材 クリエータ

2)レベルの定義の整合

 共通キャリア・スキルフレームワークによるキャリアレベルを定義し、3スキル標準の整合性を確保するようにしました。


3)情報処理技術者試験との対応

 共通キャリア・スキルフレームワークのレベル1~4との対応関係を明確にし、情報処理技術者試験がレベル判定に活用できるようにしました。


4)知識体系の定義

 共通キャリア・スキルフレームワークのレベル1~4で必要とされる知識を知識体系として整理を行いました。


4.公開資料

 (1)「共通キャリア・スキルフレームワーク 第一版」
 (2)「パブリックコメントに寄せられたご意見概要と回答」
   資料入手先URL: http://www.ipa.go.jp/jinzai/itss/csfv1.html

参考資料

 「高度IT人材の育成をめざして」
   産業構造審議会情報経済分科会 情報サービス・ソフトウェア小委員会
   人材育成ワーキンググループ報告書 2007年7月20日
URL: http://www.meti.go.jp/press/20070720006/20070720006.html 別ウィンドウで開く


本件に関するお問い合わせ先:

独立行政法人 情報処理推進機構 IT人材育成本部

Tel: 03-5978-7607 Fax:03-5978-7617  E-mail電話番号:03-5978-7607までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先:

IPA 戦略企画部 広報グループ  横山/大海

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。