HOMEIPAについて個人情報保護開示請求等 [手続きの流れ]

本文を印刷する

IPAについて

開示請求等 [手続きの流れ]

手続きの流れ

開示請求に関する相談
請求内容の特定
個人情報ファイル簿や窓口 (個人情報保護室) における打合せ等により、開示請求する内容(保有個人情報が記録されている文書)を決めてください。
 


30
開示請求書の提出
(開示請求手数料の納付)
・開示請求書に所要の記載事項を記入し、開示請求料300円を事前に指定の銀行口座に振り込むか300円分の郵便小為替と一緒に、窓口に提出してください。窓口への提出は郵送でも可能です。

・手数料は、窓口に直接来所された場合に限り、現金によって納付することも可能です。
 
本人確認 法令に従い、本人確認を行います。
なお、本人確認方法でご本人と確認できない場合等、情報の開示等に応じられない場合があります。
詳しくは開示請求書をご覧ください。
 
開示請求書の補正 開示請求書の記載内容に不備等があった場合に必要になります。ただし、この補正を行っている期間は開示決定等の期限の30日には参入されません。
 
  開示等の決定    
     
  開示決定通知書等の受領    
     
  開示実施申出書の提出
(開示実施手数料の納付)
 
     
  保有個人情報の開示実施
(閲覧・写し等の受領)
開示した保有個人情報の訂正・利用停止を求める場合
    訂正請求書/利用停止請求書の提出
   
    訂正請求書/利用停止請求書の補正
   
  訂正決定通知書/利用停止決定通知書の受領
   
  開示決定等、訂正決定等、利用停止決定等に不服がある場合
  異議申立て
 
  情報公開・個人情報保護審査会