HOMEIPAについて新着情報「技術情報等の流出防止に向けた官民戦略会議」に参画しました

本文を印刷する

IPAについて

「技術情報等の流出防止に向けた官民戦略会議」に参画しました

公開日:2015年2月6日
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 セキュリティセンター

 2015年1月28日(水)に開催された「技術情報等の流出防止に向けた官民戦略会議」(経済産業省主催)に、IPA理事長の藤江、セキュリティセンター長の伊藤が出席しました。

技術情報等の流出防止に向けた官民戦略会議

 近年、我が国企業の重要技術等の国内外への流出事例が相次いでいます。官民が連携して技術情報等の営業秘密保護強化に関する情報交換及び意識醸成を図る必要があります。経済産業省が主催する「技術情報等の流出防止に向けた官民戦略会議」は、これを実現するため、官民の代表者が参画するものです。今回の会議では、『営業秘密侵害を断固として許さない社会』を創出するための官民の今後の取り組みについて、「行動宣言」を取りまとめました。

 営業秘密保護については、外部攻撃とともに、内部者の不正による被害も甚大であると考えられ、IPAでは、2011年から内部者の不正について事例研究や調査を行っています。2013年には、「組織における内部不正防止ガイドライン」を公表しました。IPAは、本ガイドラインを解説するセミナーを開催してきましたが、全てのセミナーが受付開始後、数時間で満員となるなど、内部不正防止のための対策について産業界からの期待が大きいといえます。

 今後は、本行動宣言を踏まえ、情報セキュリティに関連した相談については、IPAの有する知見を十分に活用し、経済産業省及び独立行政法人工業所有権情報・研修館などと連携し、しっかりと対応していきます。
 本会議についての詳細は、次の経済産業省のウェブページをご覧ください。

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 セキュリティセンター 企画グループ

Tel: 03-5978-7550 E-mail: 電話番号:03-5978-7550までお問い合わせください。