HOMEIPAについて公募・入札一覧「安全安心なシステムの設計・開発のためのIT人材育成教材等開発事業に関する委託契約」に係る企画競争

本文を印刷する

IPAについて

「安全安心なシステムの設計・開発のためのIT人材育成教材等開発事業に関する委託契約」に係る企画競争

最終更新日 2017年5月29日
独立行政法人情報処理推進機構
理事長 富田 達夫

 近年、IoT(Internet of Things)への取組みが各国で進み、様々なモノがつながって新たな価値を創出していく『つながる世界』において、利便性の向上、サービスの高度化が図られています。その一方、今までつながっていなかったモノ、つながることを想定していないモノがつながることで安全性やセキュリティに関するリスクも増大すると想定されます。そのため、IPA/ソフトウェア高信頼化センター(SEC)は、機器・システムを構成するソフトウェアに求められるセーフティ、セキュリティ要件、およびリライアビリティ要件に関する開発者向けの指針「つながる世界の開発指針」を策定し、安全・安心なIoT機器やシステムの設計・開発の推進に努めているところです。
 このたび、「つながる世界の開発指針」の実装に向けて、安全性およびセキュリティの知識や技術を有する実践的なIT人材を育成するための教育方法や教材等を開発する「安全安心なシステムの設計・開発のためのIT人材育成教材等開発事業」を実施します。
 IPAは、開発した教育方法や教材等を無償で公開・展開し、その成果が広く活用されることで、安全・安心なIoT社会の実現に貢献します。

つながる世界の開発指針
http://www.ipa.go.jp/sec/our_activities/iot.html

主たる実施内容は以下のとおりです。

安全安心なシステムの設計・開発に必要な実践的なIT人材を育成するための教育方法・教材・演習環境(以下、「実践的教材等」という)の開発事業を以下のよう実施する。

①「つながる世界の開発指針」で示した17の開発指針を実装するために必要な知識や技術を習得させる実践的教材等を開発する。
②開発した実践的教材等を使用した講座を実施し、教育効果を検証する。
③講座の実施で得られた検証結果や技術動向等を実践的教材等に反映させることを繰り返し、実践的教材等の充実を図る。

本事業は、平成16年6月に解散したソフトウェア工学研究財団(RISE)からの寄附金により運営されます。

1.応募要件

  1. 提案者は、法人格を持つ国内の大学とする。なお、提案者は単独の大学とし、複数の大学による共同提案は認めない。
  2. 法人税、消費税及び地方消費税について、納付期限を過ぎた未納税額がないこと。
  3. 予決令第71条の規定に該当しない者であること。
  4. 以下のいずれにも該当しない法人であること。
  5. ・法人が、暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2項に規定する暴力団をいう。以下同じ。)であるとき又は法人の役員等(個人である場合はその者、法人である場合は役員又は支店若しくは営業所(常時契約を締結する事務所をいう。)の代表者、団体である場合は代表者、理事等、その他経営に実質的に関与している者をいう。以下同じ。)が、暴力団員(同法第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)であるとき。
    ・役員等が、自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもって、暴力団又は暴力団員を利用するなどしているとき。
    ・役員等が、暴力団又は暴力団員に対して、資金等を供給し、又は便宜を供与するなど直接的あるいは積極的に暴力団の維持、運営に協力し、若しくは関与しているとき。
    ・役員等が、暴力団又は暴力団員であることを知りながらこれと社会的に非難されるべき関係を有しているとき。

2.公募要領

以下から公募要領をダウンロードして下さい。

公募要領

Adobe PDF形式公募要領(PDF形式)(963KB)
Microsoft Word形式公募要領(Word形式)(216KB)

申請書

Microsoft Word形式申請書(Word形式)(124KB)

実施スケジュール

Microsoft Excel形式実施スケジュール(Excel形式)(42KB)

3.提案書等の提出期間等

  • 提案書等の提出期間
    (1)持参の場合
      2017年5月8日(月)から 2017年5月9日(火)まで
      受付時間は10時00分から17時00分(12時30分~13時30分の間は除く)
    (2)郵送の場合
      2017年5月9日(火) 17時00分まで(必着)

  • 4.公募説明会の日時及び場所

    1. 公募説明会の日時
       2017年4月13日(木) 11時00分から12時00分

    2. 公募説明会の場所
      〒113-6591 東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス13階
      独立行政法人情報処理推進機構 会議室B

      説明会に参加を希望する方は、2017年4月12日(水)12時30分までに参加者の所属・役職・氏名を記入の上、以下に示す電子メールアドレス宛に申込みを行ってください。なお、会場の都合により1機関あたり2名以内とさせていただきます。

    3. 公募説明会の参加申込先(受付はE-mailのみ)
      独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター 企画グループ
       担当: 小沢
       E-mail :
         (このメールアドレスに特定電子メールを送信しないで下さい。)

    5.採択結果の決定及び通知について

    採択結果については、2017年6月初旬(予定)までに各提案者に通知するとともに、IPAのウェブサイトに採択案件を公表します。

    6.その他

    1. 応募の無効
      公募要領に示した応募資格のない者による応募及び応募に関する条件に違反した応募は無効とします。
    2. 契約書の作成
      要。詳細は公募要領による。
    3. 質問の方法
      電子メールにてお問い合わせください。
    4. 質問の受付期間
      2017年4月13日(木)から 2017年4月28日(金)まで
      質問に対する回答に時間がかかる場合があるため、余裕をみて提出してください。

    7.問い合わせ先

    独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター 企画グループ
    担当 : 小沢 (受付はE-mailのみ)
    E-mail :
       (このメールアドレスに特定電子メールを送信しないで下さい。)

    8.Q&A

     本件に関する質問及び回答については、次のPDFをご覧下さい。

    Q&A

    Adobe PDF形式Q&A(PDF形式)(90KB)

    9.採択結果

     1者の応募があり、学校法人岩崎学園 情報セキュリティ大学院大学を採択しました。

    更新履歴

    2017年3月31日 公募を掲載しました。
    2017年4月17日 Q&A[1]~[4]を掲載しました。
    2017年5月29日 採択結果を掲載しました。