HOMEIPAについて事業紹介2. “繋がる時代”の高信頼化を築く

本文を印刷する

IPAについて

2. “繋がる時代”の高信頼化を築く

概要:“繋がる時代”の高信頼化を築く |  快適な暮らしと豊かな社会を支える 

快適な暮らしと豊かな社会を支える

 新しい製品やサービスの展開に従って、情報処理システムはこれまで以上に企業活動や日常生活と密接に結びつき、社会基盤(重要インフラ)を支える役割としての重要度も増しています。また近年、システム連携を通じた大規模化・複雑化が進み、ひとたび障害が発生すれば、社会の広い範囲に深刻な影響を及ぼす恐れが生じています。
 IPAは、重要インフラを支える情報処理システムの信頼性向上を担う政策実施機関として、関連情報の収集・分析を行うとともに、そこで得た知見の共有・普及を図る活動を続けています。

図 “繋がる時代”の高信頼化を築く