HOMEIPAについて天才プログラマー/スーパークリエータ

本文を印刷する

IPAについて

天才プログラマー/スーパークリエータ

 IPAでは、2000年度よりソフトウェア関連分野で優れた能力を有する「スーパークリエータ」を発掘支援することを目的に「未踏ソフトウェア創造事業」を実施し、毎年度の事業終了時点で担当プロジェクトマネジャー(PM)から特に優秀であると評価された開発者を「天才プログラマー/スーパークリエータ」と認定しています。
 また、2002年度からは、「未踏ソフトウェア創造事業」の裾野をひろげるべく、若手開発者にチャンスを与えることを目的に「未踏ソフトウェア創造事業(未踏ユース)」も開始し、未踏ユース部門の優秀な開発者についても認定を行っています。 各々の天才プログラマー/スーパークリエータの開発成果等を是非ご覧ください。

年度別認定者

年度 認定者数
2007年度第2期
未踏ユース
本体:5名
未踏ユース:2名
2007年度第1期
未踏ユース
本体:7名
未踏ユース:4名
2006年度下期
未踏ユース
本体:8名
未踏ユース:4名
2006年度上期
未踏ユース
本体:9名
未踏ユース:6名
2005年度下期 本体:12名
2005年度上期
未踏ユース
本体:12名
未踏ユース:6名
2004年度第2回 本体:13名
2004年度第1回
(未踏ユース)
本体:15名
未踏ユース:7名
2003年度
(未踏ユース)
本体:19名
未踏ユース:5名
2002年度
(未踏ユース)
本体:8名
未踏ユース:7名
2001年度 15名
2000年度 12名

2000年度に事業を開始した「未踏ソフトウェア創造事業」のこれまでの歩みと、これまでに「天才プログラマー/スーパークリエータ」と認定された方々の近況メッセージをまとめた、スーパークリエータの近況も是非ご覧ください。